商号

基本的には自由だがルールのある「商号」

name-image
株式会社を設立するうえで会社の「商号」を決定しなければなりません。
基本的には自由ですが下記は必ず考慮しなければなりません。

①「株式会社」を必ず使用する
②名称の使用制限
③使用できる文字
④不正目的による商号使用の制限
⑤同一商号・同一本店の禁止

① 「株式会社」を必ず使用する

株式会社は最初でも最後でも構いません。必ず「株式会社」の表記でなければならず、ひらがな・カタカナでの表記はダメです。

② 名称の使用制限

法令等でその名称が独占されており場合等は、商号への使用が制限されています。

③ 使用できる文字

ローマ字、アラビア数字、符号の使用が認められています。
符号とは「&」「’」「,」「-」「.」「・」で文字をくぎる場合に使用が可能です。
「.」は末尾での使用ができます。また、空白(スペース)は複数の英単語をくぎる際使用できます。

④ 不正目的による商号使用の制限

他の者の営業であるかのよな不正の目的をもって商号を使用することはできません。

⑤ 同一商号・同一本店の禁止

類似商号の規制は撤廃されたものの、同一住所での同一商号による株式会社当法人の設立はできません。