事業目的

会社法下の事業目的

goal
株式会社を設立する際、定款の事業目的は「具体性」「明確性」「適法性」「営利性」といった基準を満たすことになっていました。会社法下いおいては「具体性」は審査基準から外れ先の三つの基準を満たせば足りるとされています。

やること、これからやりたいことなど事業目的に盛り込む

事業目的に盛り込んだものを全て行わなければならないわけではありません。将来行うであろうこと、将来やりたいことを、現時点ではやらないが事業目的として計上することは一向に構いません。

いろいろな事業目的が入りすぎて「何屋なの?」というパターン

いろいろな事業目的を盛り込んで構わないのですが、こういったパターンもあるそうです。
後になって事業目的を変更すると登記費用がかかるという理由もあり、初めのうちにいろいろな事業目的を入れておこうといろいろ考えるわけですが、例えばこれから取引をしようという取引先が履歴事項を調べた時に「どの仕事がめいんなんだろうか」と思うこともあるそうです。

許認可に関わる事業目的は入れておく

何らかの営業許可を取得する際に「定款の事業目的にその営業入っていない」等の場合は事業目的を変更することがあります。銀行の融資の際も「事業計画に関する事業目的が登記されているか」は必ずチェックするそうです。